Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

チェンマイとバンコクの違いと特徴は?

みなさんこんにちは、瀬戸です。

昨年10月にチェンマイへの移住をお知らせしてからというもの、嬉しいことにタイやチェンマイに関して興味を持っていただく機会が増え、実際に私のInstagramを見て旅行に来て下ったり、日々DMでお問い合わせをいただくようになりました…!!

ですがなかなかInstagramだけでは実際の旅行に必要な情報を伝えきれず、せっかく来ていただくならとことんチェンマイを楽しめるようにと、これを機にチェンマイに関するHPを開設することにしました!

今後グルメや観光スポット、買い物のことなどガイドブックには載っていないローカルな情報をたくさん更新していけたらと思います。

そんな今回は第一回目ということで、私が住んでいるチェンマイという都市について簡単に紹介をしてみようかなーと思います。

そもそもなぜ私がチェンマイに住んでいるのかは自己紹介ページに書いているのでそちらをお読みいただけると→ 記事はコチラ

チェンマイとバンコクの違いと特徴は?

”タイの都市”というと、みなさんご存知のとおり1番有名なのは首都バンコク。
その次は観光的にはプーケットやパタヤが人気ですが、チェンマイがタイ第2の都市になります。

場所は北部に位置する山岳地帯なのでバンコクに比べたら気温は少し低め。11月から2月までの時期は日中暖かくて朝夜涼しい最高な気候がずっと続きます。
半袖でも長袖でもオッケーな、日本では年に数日しかないあの気候が毎日なんです。まるで天国。

街全体が山に囲まれているので自然がとても多く、空気もすごくきれい。アジア圏特有の排気ガスの臭さや空が曇っているなんていうこともありません。
(3月上旬の山焼きのシーズンだけはPM2.5飛びまくってますが笑)

よく、『バンコクとチェンマイってどう違うの?』と聞かれますが、私の感覚的にバンコクは新宿・渋谷・銀座・六本木、チェンマイが京都・鎌倉・代官山・軽井沢のミックスというイメージ。
プーケットやその他離島は沖縄といったところですかね。

物価も都市によって違っていて、バンコクやプーケットで日本の約2〜3分の1、チェンマイは約6〜7分の1前後。

ですがここ数年でバンコクなどの観光地は観光客向けの価格帯になってしまったので、意外と東京と変わらないくらいの値段のお店も多いです。オシャレなレストランやバーだと港区価格のお店もちらほら。

バンコクの街並みやホテル↓

それに比べてチェンマイは現地の人が行くようなお店だとランチはだいたい180円前後。
夜飲みに行ったとしても食事と合わせて2000円しない程度と本当にびっくりするくらい安いです。

しかもチェンマイの飲食店はどこも超美味しいので値段の安さと美味しさに感動する毎日。
ありがとうチェンマイと、日々感謝の気持ちしか湧きません。(オススメのレストラン情報は後日ゆっくり紹介します)

とにかくチェンマイはB級グルメが最強で、このコスパ100点の食事を楽しむだけでも来る価値大。

チェンマイの観光で人気なのは、有名な寺院巡りやマーケットでのショッピング、ナイトサファリやマッサージなどが一般的で、その他だとヨガやタイ古式マッサージのスクールなどが多いエリアなので資格の取得を目的に訪れる人も多いみたいですね。

↓有名なドイステップ寺院

ですが寺院などから想像するザ・タイっぽい雰囲気は実はけっこう一部分で、街自体はすっごくオシャレ。

チェンマイ旅行のパンフレット等にはこういう寺院がメインで特集されていますが、まるで代官山のような雰囲気のエリアもあって、むしろそっちの方が今のリアルなチェンマイなんですよね。(チェンマイに代官山っぽいエリアがあるよと言うと『ほんとにー?』となかなか信じてもらえませんが笑)

ららぽーと級の規模感のショッピングモールも複数あり、ユニクロ・無印・マツキヨ・ダイソーなどの日本ブランドも揃っているので日用品で困ることもありません。

夜に女子一人で夏服で出歩いても大丈夫なくらい治安もめちゃくちゃいいです。『チェンマイでボッタクリに遭った!』という話も聞いたことがありません。

チェンマイは大学都市でもあるので、街にいる人がとにかく若くて活気があります。(この狭い都市に大学が6校!)若い人が多いのでファッションのマーケットなども充実していてショッピングなども超楽しいです。

実際にタイに来るまでは、”オレンジ色の服を着たお坊さんがたくさんいる、像に乗ったりトラがいたり、民族的な生活をしている国”というイメージを持っていました。

本当に失礼な言い方ですが、人々が裸足で生活しているようなイメージで。(今となっては土下座して謝りたいけど本当にそう思ってた)

初めて来たときにバンコクのダイナミックな街に衝撃を受け、その後チェンマイの豊かさを知り、もちろん良いも悪いもありますがとにかくこの都市が大好きになって最終的に住んでしまいました。笑

という感じでタイへの愛がありすぎて長くなってしまいましたが、このブログを通して少しでも多くの方にチェンマイの良さを知っていただけたら嬉しいです。
そして実際にブログを見て来てくれる人が増えたらいいなぁ。

▶︎▶︎Instagramはコチラ

シェアする

フォローする