Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

チェンマイのおしゃれカフェ the barisotel by the baristro

今日のチェンマイの気温は31度。
気温だけを見るとかなり暑そう思えますが、直射日光に当たらなければすごく気持ちが良い気候で、『あーこのまま外で寝れるわ』と毎日思ってしまうほどです(そのうち私本当に外で寝そう笑)

さて、昨日はB級グルメのお店を紹介したので今回はオシャレなカフェ特集を。
1番最初の記事でも書いた通りチェンマイにはセンスバツグン&超ハイクオリティーのカフェがそこらじゅうにあります。というわけで今回は私がよく行くこちらのカフェを紹介したいと思いますー!

真っ白な店内がとっても可愛い
The Barisotel by The Baristro

ニンマンヘンミンsoi9にあるThe Baristotelカフェ。
ハウススタジオのように自然光が入るフォトジェニックな空間に加えて、ドリンクメニューもスイーツも美味しい私の大好きなお店。

このカフェは系列が6店舗ありどの店舗も女子心をくすぐる素敵なデザインばかりなので、店内にはいつもカメラを手にした若い女の子たちで溢れています。

この店舗はホテルと併設されているので宿泊も可能。
(私はまだ泊まったことはないですがカフェ同様めちゃくちゃオシャレなので女子旅行にピッタリかと思います。立地もかなり良いです)
今度友達きたときに泊まってみようかなーと計画中。

ホテルの予約サイトも貼っておきます

店内にはバラが飾られているテーブルや真っ白なカーテンから入る光がとても綺麗なので、晴れている日の午前中や日が出ている時間内に行くのがベスト。

カフェは2階もあり、そこはノマドスペースのようになっているのでPCを持って行って何か作業するのもオススメです(私はよくここでJJの連載コラムを書いてました笑)

このお店のオススメはクリーミーな濃いミルクとエスプレッソが2層になっているこのメニュー。ラテとは違いパンナコッタのような濃厚さでスイーツ感覚を味わえるドリンクです。

ダブルだとミルクとエスプレッソ、トリプルだとビターチョコレートが沈んでいるこのお店オリジナルのコーヒーは混ぜずにそのまま飲みます。もちろん普通のコーヒー等も美味しいので、いろいろ試してみて下さい^^

ちなみにこのお店に限らずチェンマイのカフェ巡りをする際は

1、店内がエアコンで激寒なので羽織り必須
2、レジでノンシュガーでと伝える
3、クレジットカードが使えないので現金持参

この3つは比較的どのカフェに行っても共通なので注意しておくポイントです。

外が暑いからなのかタイは室内のエアコンが超キツイく、ゆっくりお茶しに来たのに寒くてすぐ出てしまう…なんていうこともよくあります。日よけにもエアコン対策にも、出かけるときは何か1枚持っていくのがマストです。

そしてとにかくタイの人は甘いものが大好きなので、何も言わないとコーヒーやラテにほぼ100%シロップが入った状態で出てきます。(言い忘れて何度あちゃーとなったことか…笑)

あとはここも含めてクレジットカードが使えないお店が多いのでそこも要注意です。

意外と知られていないですが、タイはコーヒー豆の産地としても有名なのでコーヒーの味自体すごくクオリティーが高いです。そして日本だと1杯700円くらいしそうなこういうオシャレなカフェのコーヒーでも1杯60~70バーツなので値段も安め。

店内に焙煎機のあるお店やこだわりの豆を使ったお店などなど、、まだまだ紹介しきれないほどたくさんのカフェがあるのでシリーズ化して紹介していこうと思います。

ちなみに『マイ サイ ナムタン』という言葉がタイ語で砂糖抜きという意味なので、タイ語を話してみたい方はレジで使ってみて下さい。笑

それでは今回はこの辺で!

the barisotel by the baristro

営業時間…8:00〜21:30
定休日…無し
電話番号…093 494 4599
住所…7/2 Nimmana Haeminda Rd Lane 9, Tambon Su Thep, Amphoe Mueang Chiang Mai, Chang Wat Chiang Mai 50200

The Baristro Instagram
オーナーのtorthanitさんInstagram

シェアする

フォローする